以前、読売テレビだったかで放送していた徳光さんなどが司会したスーパークイズ番組、「アメリカ横断ウルトラクイズ」を覚えている人も多いのではないでしょうか?私も子供のころですが好きで欠かさず見ようとしたことを覚えています。ウルトラクイズの最終ゴール地点はニューヨークであり、そのオープニングで大きな「自由の女神」象が映っていたように思います。自分もいつかアメリカに行ってみたいとそんな気持ちなったものです。「自由の女神」はニューヨークにあるアメリカの自由の象徴でしょう。英語では「Statue of Liberty」。ニューヨーク港内のリバティ島にそびえ立ち、像の高さは46メートル、台も含めた高さは93メートルあるとのことです。

 

私も知らなかったのですが正式名称「自由の女神」ではなく「世界と照らす自由:Liberty Enlightening the World」だそうです。アメリカ独立100周年を記念してアメリカの独立運動を支援したフランス人が、募金を集め贈呈されたものです。完成したのは1886年。1984年にはユネスコの世界遺産、文化遺産に登録されています。そしてこの「自由の女神」はローマ神話の自由の女神である「リーベルータース」を表しています。高く掲げた右手にはたいまつを、左腕ではアメリカ独立宣言書を持っていたと記憶しています。