アメリカで買い物をすると、たとえ買った後でもタグを取ってなかったり、未使用だったら返品が可能です。レシートは必要ですが、なんでも単に「気に入らなかったから」という理由でも返品が可能なのです。靴屋で靴を選んでいて、3足気になる靴があって迷っていたら、店員さんが「3足買って行って、家の鏡の前で服と合わせてみて、気に入ったものだけ買って、あとは返品するといいよ」と言ってくれました。とても便利です。

 

日本では最近、返品可能なサービスが増えつつありますが、アメリカは下着や衛生的なもの、例えばヘアーブラシなど以外は返品可能です。通信販売でも返品が可能なので、気になるものがあったらとにかく注文して送ってもらい、気に入ったものだけを買って、あとは返品する、ということを皆やっています。

 

もちろん、支払いはクレジットカードなどに限るというような制限はありますが、それでも返品が平気でできる文化は便利だな、と思います。日本では返品は考えられない化粧品の返品や交換も大丈夫です。ファンデーションの色が合わなかったりすると、持っていけば、自分にあった色に交換してくれます。使った後でも大丈夫です。返品ができるような法律があるからです。