アメリカの農場で研修という形で1年半働きました。仕事内容は、農場での作業全般で、主に作物の収穫から畑の管理、直売所での販売などでした。勤務形態は時給制で、時給850円程で勤務時間は夏は6:00〜19:00、冬は9:00〜16:00、土日は基本的に休みでしたが、農繁期の忙しい時期には6:00から22:00まで働き続け1か月休みなしということもありましたのでその時期にはかなり大変だった記憶があります。家と光熱費は農場主から提供してもらっていました。

 

住居に関しては研修生が集団で住む一軒家がありそこで皆で暮らしていました。家具は全て揃っていて、不自由なく暮らせました。日本人の研修生と、ペルー人の研修生と一緒に暮らしていたのですが、ペルー人の研修生は文化や習慣が違ったのでたまに衝突することもありました。

 

私が働いていた農場は家族経営の小さな農場で、奥さんと旦那さん、それに研修生合わせて5人ほどが働いていました。もともと海外留学をしたいと考えていたのですが、留学をするお金はなかったので、働きながら自分の専攻でもあった農業に携われるということで研修に参加しました。アメリカの農業は、日本と違って大規模で飛行機で農薬を撒くようなものばかりだと思っていましたが、家族経営の小規模な農家も多く、そういった農家が地元の食を支えているのだと実感しました。

 

農場主ともよい関係で、週に1回は一緒に食事をしたり、ハロウィンやクリスマスの時には家族と一緒にパーティをしたりしてとても楽しく過ごせました。

 

アメリカにかぎらず、日本から出て世界中の何処かの国で働きたいとお考えの方にオススメのページ。こちら参考になります。働き方から求人の探し方など。慎重派の方に。
https://kaigai-arco.com