カナダは、隣国アメリカに比べて銃規制がされているからか、治安がとても良く、のんびりとしていて国民性もとても温厚です。カナダは英語とフランス語が公用語なので、イギリス系カナダ人は第二言語としてフランス語を学び、フランス系カナダ人は第二言語として英語を学ばなくてはなりません。義務教育でのカリキュラムに組み込まれているため、カナダ人は母語と他の言語を学ぶ難しさを体験しているため、下手な英語でも一生懸命りかいしようとしてくれたり、留学生にとても親切に対応してくれます。

 

人種偏見も少なく、親日的なので、日本人に対しても礼儀正しくて優しいなど、好感を持っている人が多いと感じますし、カナダ英語は聞き取りやすく発音もきれいなので学びやすいと思います。他の英語圏の国々から見ても、アメリカ英語に対して嫌悪感を抱く国はありますが、カナダ英語は「良いところで勉強したね」というイメージで見てくれる傾向にあると感じます。また、トロントのあるオンタリオ州とフランス語圏のケベック州では、英語とフランス語のバイリンガル率が非常に高くなって、多くのカナダ人が当たり前のように英語とフランス語を器用に使い分けています。移民も多い為、英語・フランス語の他に、自分のルーツの言語やカナダに移住する前に住んでいた国の言語を話す人も多く、三ヶ国語、四ヶ国語を操る人がたくさんいます。

 

自分が英語だけであたふたしていることが恥ずかしくなり、それと同時に大きな感銘を受けました。語学力に対する基準を変えてもらえたとも思います。